スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
cast-off skin of a cicada
  これは 書き手がダラダラと書いた つまらないものです


先日 夏の暑い日中 セミの抜け殻を見つけました。
それは、蝉になりきれなかった

        「セミの抜け殻もどき」

途中で息を絶えたんだろう・・・・ 可哀想に。

7年間も土の中にいて、出てきたと思ったら 周りはコンクリート
ここで、もう外に出れると思ったら、上はコンクリートで覆われている

どのくらいの蝉が、地中で息絶えたんだろう

毎年、夏になると そう考える。

自分が「蝉」でなかった事に感謝する。

でも、一度でもいいから、これほどまでに一生懸命生きた! と思えるような一時が持ちたい。
たとえ、それが1週間の「命」だといわれようと。

そう思いながら、ダラダラと一日が過ぎるのをジッと待つ 夜になり、寝床で 一日を感謝しながら眠りにつく。

結局 私は、蝉の様にイサギイイ訳でもなく、
蝉の様に一生懸命に毎日を過ごしている訳でもない

こんな毎日を時には、破壊したいと思うときがある。
でも、大半は、「幸せ」という実感でいっぱいである。

ああ・・・・ぁぁ・・・・ 
こんな毎日が、ずっと続きますように。
スポンサーサイト
【2006/08/30 14:44】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。