スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
fighter
これは 書き手がダラダラと書いた つまらないものです

母の病気の進行が判り、入院治療が始まって早7日が過ぎようとしている。
1週間に1度の抗癌治療なため 次の水曜日で2回目です。
17日には退院すると本人は言い切っています。
良い事だ。

私は、母の目的作りのために「策」を練った。

母の10年以上会っていない 孫 に会わせよう

偶然が偶然を呼び、どういう訳だか、連絡が取りづらかった 妹の前夫 と従姉妹が連絡を取るということがあった。
その事をきっかけに、姪を母に会わせると言う急展開に 精神的にドキドキする1週間を過ごした。

キーワードは・・・・・
 「来年は 無いかもしれない」

私は常にこう考えている
  
  今日が一番 若い 日

  今日で、最後と思って生活しよう


こう考えさせるのは 母の病気がきっかけだし、私の年齢もそうだ

私は、両親の所からは、飛行機で行き来する程 遠いところに住んでいる。
それと、妹の前夫と うちの両親はとても最悪な状態で 決別したため連絡を取ることは絶対出来ない関係で
「姪」に会うには、かなりの 策 を練る必要があった。

しかし・・・とてもシンプルに・・・・

「姪は自分で来た」 ということにした。それも偶然に・・・

私は、出来るだけ プレッシャーをかけないように 母を元気付けるために、励ましの言葉をかけてやってくれと、

姪にお願いした

姪と10年ぶりに、電話で話した。
彼女は、思春期の14歳の女性らしく、もぢもぢしながら話していた。

「お婆ちゃんのことを、よろしくね」

そう言うので、精一杯だった。涙を堪えた。
不憫な「姪」である。
実母に捨てられ、継母に捨てられ、継母の両親にいじめられ・・・
どういう理由で、そんな星の元に生まれなければならなかったのか、
私は、是非とも「神様」という存在に問いかけてみたい。

母の頑張りが途中で途切れることなく、いつまで続くか・・・・
母の闘う力がどの位残っているのか・・・
全て、母本人次第です。

母や私達、「姪」を守ってくれている、いろんな神様・仏様・ご先祖様
今回、無事に姪と母を会わせてくれて、ありがとう。

それから、いろいろと手伝ってくれた私の一番大好きな従姉妹
本当にありがとう。
どうやって恩返しをしたらいいのか・・・全く見当が付かない
彼女には、いつも「ありがとう・感謝しています」の言葉を捧げます

お盆は、やっぱり 「神秘」 な出来事が起こるんだと信じます。
スポンサーサイト
【2006/08/14 19:04】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。