スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
suicide
これは、書き手がダラダラと書く つまらないものです。

母の事ですが・・・・

乳がんから、癌が骨に転移 それから 肺に転移 今も癌もちです。
医師からは、1年前 「後2年ぐらいの寿命です」と余命宣告されました。
医師が言うところの 母の残された時間は、後1年ほどです。
母は、知りません。

8月7日に3度目の大検査があります。
アイソトープを使う、骨シンチ CT ・・・・

母が言います。
「もう、治療を受けたくない」

抗癌治療は、頭の毛だけじゃなく体全部の毛がなくなります。
2期目の抗癌治療の時に、ツルツルになりました。
かなりショックを受けたようです。
スッカリ生えた今でも、髪の毛の事ばかり気にしています。

髪の毛だけの事で、もう抗癌治療を受けたくないといっているのか
他に理由があるのか・・・全く分りません。

母と私は、思考の基準が違います。勿論人生観も違います。
分ろうと思えば分るのかもしれませんが、今のところ全く彼女の思考が理解できません。

治療をやめること事態に私は異議を唱えません。
自分の人生は、自分で決めた方がいいと思うからです。
でも、治療を止めたあと、どの位の苦痛が待っているかという事の、想像をしているかどうか、それが疑問なんです。
父と二人暮らしで、父が母の苦痛を受け止める事ができるのか?

存在するものには、寿命があります。
母のように、自分で「治療放棄」する事は 天寿を全うする と言えるのでしょうか?
自殺をした人は、その人の、運命を全うした訳ではないのでしょうか?

その境目が分りません。

多分、ずっと分りません。

嫌がる治療を無理やり勧めるのは、私の本位ではありません。
これは、親を想わない『親不孝モノ』なんでしょうか?

私には、分りません。

苦しい思いだけは、して欲しくない・・・・
スポンサーサイト
【2006/07/30 10:54】 | 日記 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。